長野市議会議員会派

改革ながの市民ネット

9月議会の質問より➌…ひとり親家庭の子どもの学習支援、希望者すべての受け入れを

 「9月議会の質問より」…シリーズ3回目、「ひとり親家庭の子どもの学習支援、希望者すべての受け入れを」です。  長野市では今年度新規事業として、生活保護・生活困窮者世帯の子どもの学習支援、ひとり親家庭の子どもの生活・学習 […]

9月議会の質問より➋…放課後子ども総合プランの有料化を質す

 今日29日、H28年度長野市戦没者追悼式が市芸術館で営まれました。  戦後71年、「新たな戦争遺族をつくってはならない」と心に刻みながら、戦没者に深く哀悼の意を表し、黙とうと献花を捧げました。  さて、「9月議会の質問 […]

皐月保育園の移転改築について説明を受けました

平成28年9月29日、こども未来部から県道の拡幅により移転することになる皐月保育園の移転改築について説明を受けました。

紆余曲折がありながらも、東長野病院敷地内に移転し、院内保育園と統合する予定でしたが、現在その保育園に通わせている保護者から保育園を存続してほしいとの要望が出されたことから、保育園は当面存続し、その横に移転する計画となりました。その場合でも園舎・園庭・駐車場の確保に支障はないとのことです。

適切な建設・運営が図られるよう、各議員からこども未来部長に要望いたしました。

9月議会の質問より➊…”子育て支援先進都市ながの”の具体を質す

 9月市議会定例会が閉会してから、早いもので1週間が経ってしまいました。  随時、質問と答弁、今後の取り組みの課題をまとめながら報告します。  まず、シリーズ1回目「“子育て支援先進都市ながの”の具体を質す」です。 市長 […]

信玄堤=霞堤

 昨日の夜、報道番組を見ていると興味深い内容が放映されていました。長野地方でも避難勧告情報が流れるなどしましたが、台風16号が上陸した宮崎県延岡市では400ミリ前後の大雨が降り、広い範囲で浸水するといった被害に見舞われました。 とりわけ、この地域はこれまでにも多くの水害に見舞われ、その教訓から、住宅をかさ上げした上で増えた水を堤防の外に逃がす「霞堤」という水害対策をとっているとのことで、宮崎県としては一定の効果を発揮したと分析しているようです。堤防に開口部を設けて増えた水を堤防の外に誘導するのが「霞堤(かすみつつみ)」という水害対策というのだそうです。 霞堤は、武田信玄によって考案されたといわれており、別名「信玄堤」とも呼ばれているようで、興味深い河川整備の手法だと思います。 田畑などが最大で3メートルほどの深さまで浸水したようですが、1~2日後には、 すっかり浸透し、被害を最小限に収まったようです。 壊滅的な被害をなくすことが重要だと指摘されております。 信玄堤、昔の工法を活用することで被害を最小限に抑えていく、いつどこで起こるか分からない様々な災害がありますが、あらゆる角度から研究していくことが大事で、私自身も勉強になりました。

「賞味期限切れ」…長野市の非常備蓄食の品質管理を考える

台風16号による長野市内の被害状況は、人的被害こそなかったものの、一部冠水や土砂崩落、法面崩落、倒木など40カ所を超える被災となりました。 さて、21日のブログ「安茂里地区の避難勧告から一夜明けて…浮かび上がる課題」の中 […]

地域の資源活かさねば!

 秋分の日、朝から雲行きが怪しい中でしたが、地元丹波島、於佐加神社にて秋祭りが大勢の子どもたちが参加で開催。育成会と氏子さんたちが協力しながら毎年行う秋祭りですが、今年も子どもたちが元気に4台のお神輿を担いで町内を練り歩き、まさに秋の風物詩といったところです。  今年の秋分の日は専ら一人現地視察といったところで、秋祭りから更北・小島田町の八幡原史跡公園内にある長野市立博物館「博物館まつり」、降雨の中でしたが、毎年、秋分の日に開催されている「博物館まつり」ですが、今日は2000人近い来館者があったようで、駐車場もいっぱいで一苦労、それでも地元の博物館が賑わうことで地域の活力に繋がりますので、今後も様々なイベントを通して博物館・地元が盛り上がる施策を講じなければなりません。  その後、地元消防団で活動されており、日頃からお世話になっているMさんと意見交換。地元でご苦労をいただいている消防団の現状について、じっくりお話を聞くことできました。とにかく、火災にとどまることなくあらゆる災害に活動が求められている中で、やはり士気が上がるような団活動を行政として支えていかなければなりません。議会、委員会の中でしっかり調査、要望をして参ります。  ここ数日、台風秋雨前線と降水量が増えております。私の住む丹波島地区は犀川右岸に位置しているので水位を見てみると大分上がっているようです。今朝方、地元で大変お世話になっている長老よりお電話をいただき、このところ河川の形が変わってきているように感じる、とのこと。私も議会において水害対策について取り上げているところでありますが、やはり安全なまちづくりには国や県任せだけでは不十分です。  時間ギリギリではありましたが、急いで松代へ。真田丸で全国から観光客が訪れている「信州松代真田大博覧会2016」ですが、恥ずかしながら、1月から開催されているにもかかわらず、本日初めて見学させていただきました。祭日の夕方前でしたが、さすが「真田丸」効果でしょう、宝物館、真田邸ともに数組の団体客もおり盛況感いっぱいの中、丁度、ボランティアの方が団体さんに説明をされていたので、どさくさに紛れ、しっかり聞かせていただきました。私も欠かさず真田丸を視ているので、これまでのストーリーを思い出しながらの参観となりました。宝物館内に甲冑や陣羽織を身に着けることが出来るコーナーがあったので、少し恥ずかしかったのですが羽織ってみました。更にこの際と思い、見ず知らずの観光に訪れた方に写真を撮っていただきました、これも交流です。  松代をはじめ長野市には宝がたくさんあって、実は、地元の人はその良さにもっと自信を持っていいのでしょう。せっかくある地域の資源、活かさない手はないと考えます。

市議会…新たに経済文教委員会、まちづくり対策特別委員会に所属

避難勧告や秋祭りのため、議会最終日の報告が今頃となってしまいました。 議案等の採決を行った16日の本会議では、市側から提出されたH28年度一般会計補正予算案や条例改定案等には賛成しましたが、承認議案「市長の専決処分」は不 […]